患者さまを中心とした中核病院 新着情報

2019年06月05日お知らせ

第21回臨床研究発表会

6月2日(日)、「第21回臨床研究発表会」が宇美中央公民館大ホールにて開催されました。
今年の担当である5つの部署から日頃の研究の成果が発表され、盛んな質疑応答が行われました。
職員一同、この研究の成果を臨床の場でも活かせる様にこれからも精進してまいります。
今回の研究にご協力いただきました、患者さま、ご家族に心より御礼申し上げます。


第21回臨床研究発表会
2019年6月2日(日)14:00~16:30
宇美中央公民館 大ホール

【基調講演】
「癌性疼痛とオピオイド」
院長 中嶋保則
座長:薬剤部 部長 三輪勝彦

【一般演題】
1、「入退院分析から考慮する今後の効率的な入退院支援について」
地域医療支援室:小谷萌、戸髙千波
座長:医事診療録管理クラーク部 主任 松井梓

2、「外来患者のニーズと外来患者の実態」
外来看護部:牟田真由美、光永智恵
座長:2階病棟 副師長 井本実智恵

3、「地域包括ケアシステムに向けた当院での医療・介護連携強化に対する取り組み」
デイケア:永田千恵、中野由佳里
座長:住宅型有料老人ホーム神苑 主任 荒木悟

4、「臥床患者の皮膚トラブル」
3階病棟看護部:松田藍、藏本唯衣
座長:透析室 看護師 大森絵梨

5、「ICDコードからみる入院患者の疾病別割合と今後の活用」
医事診療録管理クラーク部 中里倫子、鮫島麻美
座長:薬剤部 薬剤師 若狭あかね

【総評】
医療法人社団 廣徳会 岡部病院
理事長 兼 総院長 岡部廣直




【投票結果】
最優秀賞:地域医療支援室 796点
優秀賞:デイケア 761点
特別賞:医事診療録管理クラーク部 724点

※臨床研究発表会ではすべての職員が参加し、公正・公平に投票を行いました。














  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介