患者さまを中心とした中核病院 部門のご紹介

薬剤部

当院が掲げる「理念」のもと、「患者さまを中心とした医療」を常に心掛け、次のような業務を行っています。

1.調剤業務

処方箋に記載された内容を確認し、疑問があれば医師に問い合わせを行い調剤しています。入院患者さまの薬は、一回分ずつまとめる一包化を行い、患者さまが服用しやすくしています。また、経管栄養の患者さまには簡易懸濁法に適した剤形を考慮しています。

2.注射薬供給業務

注射薬も内服薬と同様に処方箋の内容を確認して取り揃え、入院患者さまに使用する注射薬は1日分ずつ個別払い出しを行っています。高カロリー輸液(TPN)の混合業務も薬剤師が行っています。

3.医薬品情報管理業務

厚生労働省、医薬品医療機器総合機構、製薬企業などから、医薬品の新たな効果や副作用などの情報を収集、整理、評価しています。また、医師、看護師を始め、他職種のスタッフに最新情報を迅速に提供し、定期的に院内DIニュースを作成しています。 患者さまが入院された際には持参薬はすべて鑑別し、医師の指示をもとに入院後の持参薬が適正に取り扱われるよう管理しています。

4.TDM業務(治療的薬物モニタリング)

特定の薬剤について血中濃度を解析して、それぞれの患者さまに最適な投与量を医師に提案し、より有効で安全な薬物投与ができるよう努めています。

5.病棟薬剤管理業務

安心してお薬を服用して頂くために、薬剤師が入院患者さまの病室を訪問し、薬の効果や服用方法、副作用、注意点などの説明を行っています。また、副作用のチェックや薬の効果の判定なども行い、医師や看護師などに情報を提供し、質の高い薬物治療が行えるように連携をとっています。

6.研修

知識・技術の向上のために定期的に部内で症例報告会を行っています。各人が自己研鑽するように研修受講を推奨しています。知識を深め、業務に生かすために認定薬剤師等の取得を目指しています。看護部等他部署への薬物に関する勉強会を実施しています。

7.その他

NSTや毎週各病棟の褥瘡回診への同行などチーム医療への参画を行い、医療の質の向上に薬剤師として貢献できるように努めています。また、病棟や緊急時の救急カートを管理する医薬品管理業務や消毒剤の製剤業務など薬に関する多くの業務を行っています。感染制御委員会、医療安全委員会等、院内の各種委員会にも参加しています。

お薬の相談がありましたら気軽に薬剤師にご相談ください。

  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介