患者さまを中心とした中核病院 部門のご紹介

検査部臨床検査科

臨床検査とは

体の中には血液が流れています。また尿や便といった体から排泄されるものもあります。 健康な人は、これらの血液や排泄物中の成分の値は一定の範囲内にあります。

この成分を測定するのが検体検査です。検体検査は多くの種類があり、目的に応じて組み合わせて検査します。 また、体の働き(たとえば心臓の機能)を調べる生理機能検査・安全な輸血のためにする検査があります。 これらの検査が臨床検査です。測定したデータは医師に提供され、病気の診断や治療、予防になくてはならないものです。 臨床検査は臨床検査技師が行っております。

スタッフ

臨床検査技師 4名
(超音波検査士) 1名(非常勤)

業務内容

採血された血液や尿などの検査を行う検体検査と心電図や超音波などの生理機能検査を行っています。

検体検査

生化学検査

血液を遠心器で遠心分離すると、血清成分と血球成分に分かれますが、この内、血清成分を利用して検査します。 項目は肝機能、腎機能などがあります。

肝機能検査はGOT GPT などです。腎機能検査は、BUNクレアチニンなどを測定します。

血液検査

血液成分である赤血球、白血球、血小板の数を数えます。さらに、ヘモグロビン量やヘマトクリット値という項目もあります。この検査は自動血球測定装置で測定します。

また、耳に針を刺して濾紙で吸い取り止血するまでの時間を計かる出血時間検査、血液が固まるまでの時間を計る凝固時間検査などもあります。

尿検査

尿中のタンパク、糖、潜血などの定性検査や尿を遠心して細胞成分(沈渣)を顕微鏡で見て、細胞成分の数を数える検査もあります。

便検査

便の潜血などを検査します。

白癬菌・疥癬検査

白癬菌、疥癬の有無を検査します。

輸血検査

血液を輸血しなければならない時、血液センターから届けられた血液や血液成分を安全に患者さまに輸血できるように検査します。 また、血液型も検査します。

血液ガス分析

動脈血中の酸素や二酸化炭素の濃度などを測ります。

生理機能検査

脈波検査(ABI検査)

両手両足の血圧と脈波を同時に測定し、動脈硬化や下肢動脈の狭窄・閉塞を調べます。

心電図

スクリーニング検査として用いられ、不整脈や心筋梗塞などの心疾患の診断に役立ちます。

ホルター心電図

24時間の心電図を記録することにより、1日の心臓の動きがわかります。

トレッドミル検査

運動しながら心電図をとる検査で主に狭心症の診断に役立ちます。

エコー検査

超音波を利用して生体組織を透過し、画像化して心臓の大きさ、動きや腹部臓器の形態、異常などを検査します。

肺機能検査

肺活量などを測定し、肺の能力を調べます。

平衡機能検査

めまいの診断に役立ちます。

眼底検査

眼底写真を撮影し、眼病や成人病の診断に役立ちます。

聴力検査

音の聞こえ具合を調べます。しかし、病気になると、この値が高くなったり低くなったり変動します。

  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介