患者さまを中心とした中核病院 部門のご紹介

人工透析

岡部病院透析室では開設以来変わらず患者さま中心の医療を心がけています。 安心・安全・納得の医療を提供するべく、患者さまがリラックスして治療が受けられる環境作りと、信頼関係を大切に、笑顔あふれる透析室を目指しています。 患者さまとのコミュニケーションを大切にし、医師・看護師・臨床工学技士・介護福祉士・その他多職種のスタッフ協力のもと、患者さまに合わせた透析治療に取り組んでいます。

透析患者さまには、「より充実した透析ライフを過ごして頂きたい」と願っております。私たちがやるべき事は、患者さまの声に耳を傾け、その思いに寄り添う事です。

特徴

  • ・透析ベッド数22床で透析装置台数は個人機1台を含む23台があります。
  • ・2011年より最新の全自動透析装置(東レ)を導入しております。
    従来の装置では不可能であった透析液を体内に直接注入することが可能となり、今まで以上に透析液の清浄化(クリーン化)、安全な透析液提供に力を入れております。
  • ・on-line HDF治療にも対応しております。HDF治療では、通常の透析で取りきれない老廃物の除去が出来ます。全身のかゆみ・下肢のイライラ感・色素沈着などの改善が認められると報告されています。

透析時間

月・水・金 午前8時30分~午後11時30分(夜間の入室は午後4時~)
火・木・土 午前8時30分~午後5時30分
  • ・食事を希望される患者さまには、1食525円で提供しています。ご相談ください。
    献立は管理栄養士によって管理され、患者さまに合わせた栄養指導を行っています。
  • ・全ベッドに専用テレビ(無料)設置
  • ・自宅から当院までの送迎も行っております。

  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介