患者さまを中心とした中核病院 病院のご紹介

理念・基本方針

病院理念

・安心・安全・納得の医療を提供し医療の質向上に努めます。 患者さまやご家族との信頼関係を深め患者さま志向の医療を提供します。 社会性のある公正な医療を提供します。

病院基本方針

  1. 組織的、科学的根拠に基づいた効率的で良質な医療を提供します。
  2. 安心・安全・納得の医療を実現すべく、わかりやすい説明をします。
  3. 差別なく、緊急性、必要性に応じた的確な医療を提供します。
  4. 安全管理・確保、環境保護に努め、医療経営の成果を地域社会等に還元します。

患者さまの権利

  1. 患者さまは、プライバシーを守られ、尊厳をもって扱われる権利を持っています。
  2. 患者さまは、病名や治療方針について十分な説明を受けることができます。
  3. 患者さまは、病状の説明を理解した上で希望にそった最適な治療を受けることができます。
  4. 患者さまは、医療費の明細や公的援助について情報を得ることができます。
  5. 患者さまは、保健・医療・福祉について相談することができます。

岡部病院 7つの誓い

  1. 生命を尊重し、医療の公共性に基づき社会に奉仕すること
  2. 病に対するいたわりの心をもって、患者さまに優しく親切に接すること
  3. 人間形成と医療技術の研鑽を怠らないこと
  4. 仕事に対する責任を自覚し、任務遂行のため努力創意工夫をすること
  5. お互いを尊重し、誠実、協調、和の精神を尊ぶこと
  6. 公私の区別を明確にし、清潔で規律ある行動をとること
  7. 光熱費他節約に努力し、物品を大切にする気持ちを養うこと

ベーシック16 基本的職業倫理

1.私たち岡部病院の全職員は岡部病院の基本姿勢を理解し、自分のものとして受け止めます。

基本姿勢

優れた医療技術と経験をもとに、質の高い医療をめざします。
身体と心のケアを大切にして、医療資源の効率的な配分と活用を実現します。
地域との絆を大切にし、健全な生活を提案する医療と社会福祉をめざします。

2.私たちのモットーは、「紳士淑女をおもてなしする私たちも紳士淑女である」です。

私たちはサービスのプロフェッショナルとして、患者さまを尊敬し、品位を持って接します。礼儀を忘れず、誰に対しても裏表のない態度で接し、相手によって態度を変えません。

3.サービスの4ステップはおもてなしの基盤です。

患者さまと接する際は、必ず4ステップを実践し、「何かあった時は岡部病院へ」と思っていただけるよう、より良いサービスを提供します。

サービスの4ステップ
  1. あたたかい心からの挨拶をします。患者さまをお名前(フルネーム)でお呼びします。
  2. 患者さまのニーズや願望を先読みして、それにおこたえします。
  3. 患者さまをご案内する時には、ただ指さすのではなく、その場所まで一緒にご案内します。特に身体の不自由な患者さまには、危険のないよう注意を払います。また、案内中は患者さまが緊張されないよう話をするなど、和やかな雰囲気をつくります。
  4. 感じの良いお見送りをします。
    「お大事になさいませ」「お気をつけてお帰り下さいませ」の挨拶は心を込めて、こちらから挨拶を行い、患者さまのお名前を添えます。相手のお姿が見えなくなるまで、その場にとどまりお見送りします。

4.電話応対のエチケットを守ります。呼出音3回以内に電話をとります。

  • 3回以上の時は必ず「お待たせいたしました」といいます。
  • まず、自分から名のり、相手の名前を正確に聞き取り確認します。
  • 保留にする際は「少々お待ち頂けますでしょうか?」と尋ねてからにします。
  • 外部の方へは、「いつもお世話になっております」と一言添えます。
  • 気持ちは声に表れるので、笑顔で応対します。電話を転送する際は、伝言の間違いがないよう確認します。

5.職員は「患者さまにとって良い病院とは何か」を第一に考え行動します。

全ての患者さまが最善の診療をいつでも受けられるように、設備やシステムの充実、および、知識と技量の向上に努め、万全の診療体制を整えます。また、職員には、全ての患者さまと職員に対し、安全で事故のない職場環境を作る役目があります。 いかなる場合でも一定レベルを維持したまま対応できるかが重要です。普段から知識、実施レベルの確認を各部署で行い、非常時は各部署間で連携をとり迅速に対応します。

6.患者さまの身体の健康はもとより、同時に精神も健康でいられるよう、心と心のふれあいを大切にして、心身ともに健康でいられる総合的な診療をおこないます。

患者さまと目線を合わせて、患者さまの気持ちに寄り添い、親身になって応対します。 患者さまの痛み、不安、悲しみを取り除くための努力をし、患者さまにとって良好な状態が継続されるようお手伝いします。

7.私たちは各個人の利益や病院全体の利益のため、各人の才能を育成し最大限に発揮させます。

各個人の利益

各個人の利益とは、夢や目標に向かって努力をし、やりがいのある仕事にしていくことです。ただ機械のように働いているだけでは患者さまに良い印象を与え、満足していただくことは出来ません。

全体の利益

医療・サービスの質を向上させることが、患者さまの病院に対する評価を向上させることにつながります。患者さまが求める”医療・サービスの質”を考え、理解し、それに向かって努力します。
患者さま・ご家族の気持ちに配慮し、真心と思いやりを持った健康管理、診断、治療を提供し、信頼され安心できる病院を目指します。

患者さまが求める医療
  1. 信頼される医療
  2. 最善・最新の医療
  3. 費用に対しても配慮された医療
  4. 職員が誇りを持ち、患者さまが満足・安心できる医療

8.職員は、研修期間を経て持ち場につきます。

各々、担当業務を行う際は初心を忘れず、PDCAサイクルを活用し問題解決能力を高めます。
P:Plan(計画) D:Do(実行) C:Check(検証) A:Action(対策)

9.病院内に問題点がないか、職員はいつも隅々まで注意を払います。

発見した問題については、一方向からのみだけではなく様々な角度から見て、解決策まで考察し、朝礼や会議の場で報告を行います。

10.朝礼や会議での決定事項や目標は、全職員に伝えます。

これは、職員一人ひとりの役目であり、職員には決定事項や目標を理解し、全ての情報を共有する義務があります。

11.職員は共に働く者として、他の職員を信頼、尊敬します。

職員同士での言葉遣いを丁寧にすることで、患者さまへの言葉遣いも自然と丁寧になり、患者さまに良い印象を与えます。相手を配慮した言葉遣いをすることで互いの関係も向上します。

12.どこにいても、岡部病院の職員であるという意識を持ちます。

自分の態度がそのまま、岡部病院のイメージにつながることを自覚し責任を持って行動します。また、患者さまは制服でどこの部署の職員かを判断されます。制服を着ている以上、持ち場を離れた時も各部署の顔として常に良識ある行動をとります。

13.患者個別対応を提供していくため職員は患者さま・ご家族に関する容態等あらゆる情報を把握、記録します。

患者さまのニーズを満たすためには、全職員の協力、情報の共有化が必要です。情報を伝達するだけでは共有されたことにはなりません。 各々が情報を先読みし、起こりえる危険・問題点を考え起こりえる危険を回避する必要があります。 個人情報の取り扱いには注意を払い、本来の目的以外の使用はしません。

14.患者さまを一人として失ってはいけません。

その場で患者さまの気持ちを解きほぐすのは職員の役目です。常に患者さまの声に耳を傾け、迅速で最善な対応を提供し、患者さまが気持ち良く病院を利用していただけるよう努めます。 患者さまからのクレームに対しても誠意を持って応対します。クレームを受けた人は自分のものとして受け止め、患者さまに納得いただける応対をし、解決します。 自分のみの応対では無理だと判断した場合は担当者を呼びます。 クレームや問題点については記録、共有し、より良い解決法を考えます。

15.妥協のない清潔さを保ちます。

妥協のない清潔さを保つことは、院内感染防止にもつながります。患者さまや検体との接触後の手洗い、病院内の衛生的管理、職員の健康管理など細かい部分まで気を配る必要があります。身だしなみは病院の品格や印象、評価につながります。 好感のもてる清潔なヘアースタイルや化粧はもちろんのこと、顔の表情にも気を配ります。患者さまが安心して診療を受けることができるように、常に笑顔を大切にし、病院全体のイメージアップに努めます。

16.岡部病院の資源を守るのは、職員の大切な役目です。

エネルギーを節約し、病院をより良い状態に維持し、環境保全に努めます。

  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介