患者さまを中心とした中核病院 部門のご紹介

給食栄養課

給食栄養課では、入院患者さまのお食事として、常食と特別食をご用意しております。特別食とは治療食のことで、糖尿食、腎臓食、透析食、心臓食などがあります。副食の形態としては、軟菜、一口大、きざみ、ミキサーなど患者さま一人ひとりに合わせた個別対応をしております。また、少しでも入院生活に変化をもっていただけたらと思い、週3日朝・昼食は2種類から選べる「選択食」の実施、毎月1・15日には「赤飯」、月1回「行事食」を行っています。「行事食」ではテーマを決め、毎日の食事内容とは違い、季節感を味わっていただけるように心掛けています。

食事提供時間

朝食 午前7時40分
昼食 午後0時30分
夕食 午後6時

選択食

週3回(木・土・日曜日) 朝食と昼食

2種類から選択できます。

行事食

1月 おせち料理 七草がゆ
2月 節分(巻き寿司)
3月 ひな祭り
4月 花見行楽弁当
5月 立夏
6月 入梅
7月 七夕 土用の丑の日
8月 残暑
9月 敬老の日
10月 もみじ狩り弁当
11月 立冬おでん
12月 クリスマスメニュー 年越しそば

栄養指導

外来

それぞれの疾患に応じた食事のポイント、正しい栄養摂取、日頃の食事内容のバランス確認、その他食事に関する相談・質問などを管理栄養士が承り、必要に合わせて指導、アドバイスいたします。患者さま一人ひとりの病状や状況に沿って行います。

在宅

在宅で療養を行っている患者さまで通院が困難な場合、管理栄養士が訪問し、食生活をサポートいたします。

  • ページの先頭へ

看護部のご紹介 24時間頑張るナースをご紹介